So-net無料ブログ作成

帰ってきた怪獣酒場、行ってきました! [雑記]

2015-05-24 19.20.54.jpg

じゃーん! というわけで、4月から再オープンした「怪獣酒場」あらため「帰ってきた怪獣酒場」、昨日の日曜日に行ってきした。
……土曜日だと思い込んでて、その前日も川崎まで行って引き返したという。
ちなみに同行は「大怪獣ラッシュ」でお世話になった皆さん、スタッフ、スーツアクター、声優の皆さん。怪獣や宇宙人のアクションをしたり声を吹き込んだ方々と怪獣酒場で席を囲むという、たいへん豪華な感じに。

2015-05-24 19.32.45.jpg 2015-05-24 19.32.57.jpg

悪くない人を見破るというジャミラの真実の口やピカピカ豪勢に光ってるキングジョーさんのお出迎えで中に入りますと……

2015-05-24 19.43.17.jpg2015-05-24 19.46.13.jpg

 目玉の怪獣料理も一部リニューアルされたそうで、ゴモラの尻尾の切断面(ローストビーフ)やカラータイマーのジャンバラヤ(この後あれこれ混ぜます)とか。

2015-05-24 19.50.52.jpg

ウルトラセブンの頭? これはなに……?

2015-05-24 19.51.07.jpg

ぎょっ! セブンの脳が! これはモツ煮込みでした。料理のお名前は「ウルトラセブンを解析せよ!」でした。前から人気だったツインテールのフライなんか(グドンのおススメ! ツインテールフライ)は健在でした。
ちなみにお土産の箸置き、前はウルトラマンの小さな立体物だったようですが、今はロゴマークの入った小さなお皿になってました。
では、隅にぼんやり浮かんでいたクール星人の写真でお別れです。

2015-05-24 20.45.10.jpg

 


日常の記録/高田馬場の巨大クレーン [雑記]

今日は完全に日記的なそれです。
高田馬場に仕事場を構えてから20年くらい経ちます。
基本、まったく変わらない街なのですが……。

早稲田大学理工学部の近くに大型のタワーマンションの建設がありまして、去年の末くらいから建設も大詰め。ふと顔を上げると、四基の大型クレーンが魔王の如く屹立しています。
スマホのカメラだとその圧迫感がなかなか伝わらずもどかしいところですが。

2015-04-07 20.21.33.jpg

 

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

  • 作者: 和智 正喜
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房
  • 発売日: 2015/04/12
  • メディア: 文庫


 


2013年を振り返ります [雑記]

今年も残すところ、あと八時間あまりです。
というわけで、今年を振り返って……とはいえ、プライベートでは特に変化もありませんのでしたので、仕事の振り返りに終始します。

今年はお陰様で、大変バラエティに富んでいたというか、いろいろなことをさせて頂いた一年でした。
まずシナリオ関係のことでいいますと、今年の夏まで『キングダム』第二期のシナリオに参加しておりました。番組の方はすでに終盤ではありますが、毎週土曜日にNHKBSプレミアムにて放送中です。
また、『キングダム』の第一期はNHK総合で日曜深夜に放送中。年末年始は放送休止ですが、こちらも残すところあと二話で盛り上がっております。

キングダムプライムコレクションBOX1 ~成蟜動乱篇~ [DVD]

キングダムプライムコレクションBOX1 ~成蟜動乱篇~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • メディア: DVD

※ちなみに↑でご紹介したのは、これまで単品で出ていたもののボックス化です。第1期、第二期ともにTSUTAYAさんではレンタルもあります。

あと、スマホ向けのソーシャルゲームなんですが、夏から最近まで、とあるRPGの仕事をしていました。ソーシャルゲームなのでシナリオというまでのものはないのですが、ストーリー設定やキャラ設定などを作りまして……これ、まだタイトルを言っていいのかわからないので、機会を見てまた紹介したいと思います。

夏にはSF考証で参加した映画『ガッチャマン』が公開されました。
今までとはまた違う形の仕事で、いろいろ勉強させて頂きました。

ガッチャマン(本編ディスク+特典DVDディスク) [Blu-ray]

ガッチャマン(本編ディスク+特典DVDディスク) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray

ガッチャマン(本編ディスク+特典ディスク) [DVD]

ガッチャマン(本編ディスク+特典ディスク) [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD

 

映画「ガッチャマン」オフィシャルブック

映画「ガッチャマン」オフィシャルブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川マガジンズ
  • 発売日: 2013/08/10
  • メディア: 単行本


また、『ガッチャマン』では、角川文庫で小説版の執筆をさせていただきました。
大筋は渡辺雄介さんのシナリオにのっとった形ではあるのですが、企画時にこちらから提案していたものの採用に至らなかったアイデアですとか、映画完成以降に佐藤東弥監督の中で膨らんできた設定などを入れ込んで、映画とはまた別の楽しみができるものになっていると思います。僕のヒーローものの小説がお好きな方には、ぜひお勧めしたいと思います。

ガッチャマン (角川文庫)

ガッチャマン (角川文庫)

  • 作者: 渡辺 雄介
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2013/08/24
  • メディア: 文庫

実は『ガッチャマン』ではもうひとつ。秋にオリジナルのアニメシリーズのソングコレクションが発売されまして、そのライナーノートに序文を書かせていただいております。以前出ていたものの再発に近い形であるのですが、プレ値がついたり手に入れにくくなっていたので、この機会に是非。

科学忍者隊ガッチャマン ソングコレクション

科学忍者隊ガッチャマン ソングコレクション

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2013/09/25
  • メディア: CD

 小説では、昨年末に出ました小説版『銀河鉄道999』=「GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY」上巻。

GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY 上巻

GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY 上巻

  • 作者: 和智 正喜
  • 出版社/メーカー: グライドメディア
  • 発売日: 2012/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

 

 

こちらに続いての下巻を夏に無事、上梓することができました。松本零士先生の世界の登場キャラクター総出演ということで、まとめるのは正直、すごく大変だったのですが、滅多にできる仕事ではないので頑張りました。上下巻合わせるとかなりのボリュームではありますが、松本先生ご本人によるプロットの作品ですので、多くの方に手にとっていただきたいと思っています。

GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY 下巻

GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY 下巻

  • 作者: 和智 正喜
  • 出版社/メーカー: グライドメディア
  • 発売日: 2013/08/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 続きまして、オリジナル作品の『ドレスの武器商人と戦華の国』(富士見書房)。
今年はいろいろな仕事をした分、肝心の小説のオリジナル作品はこれだけになってしまいました。来年はもっと頑張ります。

ドレスの武器商人と戦華の国 (富士見ファンタジア文庫)

ドレスの武器商人と戦華の国 (富士見ファンタジア文庫)

  • 作者: 和智 正喜
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2013/07/20
  • メディア: 文庫


そして今年いちばんの問題作? そして、僕としては初の「翻訳」の仕事となった『ウルトラマンの愛した日本』(ウルトラマンタロウ著)です。
こちらは最近のブログでも紹介したばかりなので詳細はそちらをご覧頂きたいのですが、いやいや、とても楽しい仕事でした。

ウルトラマンの愛した日本 (宝島社新書 422)

ウルトラマンの愛した日本 (宝島社新書 422)

  • 作者: ウルトラマン タロウ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: 新書

……と、駆け足で2013年の仕事を振り返ってみました。
大変忙しかったのですが、楽しい一年でした。
来年の目標としては、今年若干おろそかになっていたオリジナルの小説の仕事を充実させます。現在、一作、進めているところです。予定通りいけば、間もなく、今までとは違った形で、皆さんの目に触れるのではないかと思っています。
あと、シナリオでとある作品に参加しています。こちらはまだ始めたばかりなので、タイトル含めてお知らせできるのは春くらいかと思います。
それでは皆さん、よいお年を!


12年にいちど [雑記]

昨日、吉祥の井の頭公園に行ってきました。
ついで、ではあったのですが、4月13~15日の間、公園の弁財天が12年にいちどのご開帳があり、せっかくなら……というわけで。

午後4時閉廟というのは知っていたのですが、ちょっと遅くても行けるかも……と思いつつ、公園の橋を渡ってみると……

2013-04-14 16.14.36_R.jpg

こんな感じでお堂の入り口も人で賑わっています。
そこからずっと列が続いていて、かなり時間かかかりそうですが、それでも並んでればなんとかなるかも? と思いつつ最後尾についてみたら……

2013-04-14 16.13.56_R.jpg

という次第だったのじゃよ……

生きていれば、また12年後にチャレンジします。


『キングダム』地上波放送開始のお知らせ [雑記]

そ、その前に……

あけましておめでとうございます……。

いやはや、ブログを三月も放っていたとは……そんな気もしていたのですが……最近ツイッターばかりですいませんm(_ _)m

と、御祓も終わったので問題の告知です。

http://www9.nhk.or.jp/anime/kingdom/

明日の4月7日から、昨年BSで放送されていた『キングダム』が地上波、NHK総合でもいよいよ第1話からオンエアが始まります。念のために書き添えておきますが、僕は脚本で参加しています。全38話中、計8話執筆させていただきました。6月からBSで放送の第二期にも引き続き参加しています。

放送は毎週日曜日深夜01時10分から(日付的にはすでに月曜日ですが)。
本来は25分枠(NHKでCMがないので) ですが、第1話のみ、特別に50分枠で通常の二本分のボリュームでお届けします。詳しい情報は上記のリンクから飛んでみてください。

よろしく御願いします。


近況とか [雑記]

ちょっとは涼しくなってきましたかね。

近況、です。
仕事のことでいうと、今、長編小説を二冊、同時に進めています。
仮に一冊をA、もう一冊をBとします。
Aの方はある、というか、とても有名なアニメ作品のノベライズです。とはいっても、正確にいうと、特定タイトルの小説化ともいいきれないところがあり……どうなんでしょう。難しいところです。こちらは初稿を十月頭には脱稿できれば、年内ぎりぎりに出る……かも? というスケジュールで鋭意執筆中です。全体の七割くらいまで来ました。ちなみに著者名までは開示されていないようですが、その作品関連のイベントでは「上下巻」で出るというところまで、アナウンスがあったようです。
もう一冊はオリジナルですが、久々の(割と正統派の)ファンタジー小説です。こちらは4割くらいまで原稿を書いたところで、担当さんと方向性について再度ディスカッションを終えたところ。完全新規のコンセプト、世界観、主人公なので、立ち上げはやはり難しいものです。とはいえ、こちらも初稿は十月中には脱稿したい、という線で頑張っています。本になるとすると春くらいでしょうか。

あとは体調のこと。
以前、ご報告したのですが、肩がダメです。
俗にいう四十肩、五十肩の類なのですが、正式な病名(症例名?)でいうと、「石灰沈着性腱炎」というものを患っています。
肩の関節部に石灰質の物質が生まれて、これが関節と関節の緩衝部分から、筋肉そのものに入り込んで、ひどい炎症を起こしてしまいました。あくまでも加齢による、体内の化学的なアレコレなので、水泳のやり過ぎとは関係ないのですが、僕の場合、水泳のせいで「ただ疲れが溜まってるのかしら?」と、気づくのが遅くなったのも事実だったり。
実は七月に五回ワンセットの(とてもとても痛い筋肉注射)治療を済ませて、一時期は回復したのです。ですが……すぐにまた肩が動かなくなって医者に診てもらったところ、前回の治療で完全に石灰質が消えてなかったとのことで、再度治療……つまりは五回ワンセットの(とてもとてもとても痛い筋肉注射)の治療をすることに。ちなみに、来週もういちど注射すれば、それで完了となるんですが、その時点で具合が悪ければ、注射も延長……という。前回は左は五回で終わったのですが、右は六回やりました。

そんなわけで、せっかくのシーズンだったのに、水泳もできず(ウォーキングのみでプールには通っていたんですが)残念な夏ではありましたが、お陰様で仕事には恵まれた感じになっておりますです。

あと、まだ届いてないんですが、ソニーの新型リーダー、PRS-T2を注文しました。
読書端末としてだけではなく、仕事用のドキュメントリーダーとして使えそうな予感があったので、そのあたり、いつかレポートするかもしれません。


劇団MONO公演『少しはみ出て殴られた』 [雑記]

……ってタイトルだと、僕もなにか関わっているようですが。
いえいえ、昨日、吉祥寺シアターまで公演を見に行っただけです(笑)

劇団MONOさんのお芝居は数年前から、東京でのものはだいたい拝見しているのですが、今回はこれまでと趣がかなり変わっていて、コミカルな部分が少なく、皮肉な政治風刺劇になっていました。だが、脚本の密度は相変わらず高く、1時間40分があっという間でありました。
あと、水沼健さんは相変わらず上手いです。
土日の公演はまだ当日券の余裕があるそうなので、興味を持たれた方は是非。

劇団MONO公式ページ


九段下ビル取り壊し [雑記]

昨年12/14のエントリ
http://wachim.blog.so-net.ne.jp/2011-12-14
で記した九段下ビルですが、その後予定通りに取り壊しが進み、今日見たら、
ENIMAGE1328676132445.jpg
こんな感じになってました。
写真だけだとわかりにくいですが、覆いのパネルの向こうはほとんど更地。ほぼ取り壊しが終わっています。

新年あけましておめでとうございます って今頃? [雑記]

すいません。m(_ _)m

今頃です。

お正月まで特に忙しかった……というわけではなく、ブログの更新もしよう、新年の挨拶もしよう……と思っている間にもう七草粥を食べるような時期に……。

というわけで、旧年中はなにかとお世話になりました。
本年もよろしくお願いします。
今年こそ、いいことばかりが立て続けに起きて、みんな唖然としてしまうような年でありますように(‐人‐)

あ。でも、お正月もちょっと働いてました。新刊『みんな死んじゃえばいいのに』のあとがき、7P分をひぃひぃいいつつまとめていたのです。お陰様で担当さんのOKも出て、僕がなにか「書く」ということにおいては、これで完全に手が離れました。
東条さかなさんの口絵イラストは先日上がり、拝見したのですが、大変素晴らしい出来でした。
これからカバー、本文イラストのチェックが残っているのですが、こちらも楽しみです。ちなみにカバーについては少しお話ししたいことがあるんですが、うーん、これはまぁ本が出てからにしましょう。

せっかくなので『みんな死んじゃえばいいのに』の情報を。

1月20日発売のドラゴンマガジンで、2Pだけですが、発売前小特集があります。是非、ご覧になってください。

それから、各ネット書店に続いて、ようやくアマゾンでも予約が始まりました。書影などが出るのは今月末くらいになるかと思います。よろしかったら、下のリンクからご覧ください。


みんな死んじゃえばいいのに

みんな死んじゃえばいいのに

  • 作者: 和智 正喜
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2012/02/18
  • メディア: 文庫



25回目の丹沢キャンプ [雑記]

宝島キャンプ2011 011.JPG

この土日、恒例の丹沢キャンプへ行ってきました。
恒例といってもなんだかわからないと思うのですが、社会人になってすぐの頃から、友人の友人や、友人の友人の友人やらが集まって、丹沢、山北町のキャンプ場でゆっくり飲む、というだけの集まりが、続いて、続いて、今回で25回目となりました。あら歳がバレちゃう。

なにせ四半世紀ですから、その間でみんないろいろあって、最近では子供の受験だとか、そうした都合もあり、今回は初回を除くと今まで最小参加人数で、二十名を切ってしまったのですが、それはそれで少人数の楽しさがあって、今年もよいキャンプでした。

ちなみに写真は漫画家の近藤ゆたか先生作のカッパのペーパークラフト。今年のキャンプの守り神です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。