So-net無料ブログ作成
検索選択

新刊のお知らせ『東京怪異案内処』と『エネミーズ1996 1』 [仕事]

CIMG7803.JPG

皆さん、こんにちは。
新刊のお知らせです。

ふたつ、行きます。

まずは……。

 『東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。』
著者:和智正喜 イラスト:六七質
文庫判 648円(税込) ISBN 978-4-04-070561-3-C0193 
2015年04月15日発売




『都市の迷い子、案内します。街歩きふしぎ発見ミステリー!
お散歩専門店“とうきょう堂”。そこは東京に数多ある不思議スポットを訪れて以来、怪異に悩む人々がやってくる案内処。店の住人“先生”が、相談事に示す解決方法とは——? 「さあ、あとはお散歩をするだけです』(※富士見L文庫公式サイトより)

富士見L文庫特設ページ

  と、このようなお話です。特設ページではもうすぐ「試し読み」も可能になるかと思います。その際はまたお知らせします。

 連作短編形式になっていまして、第1話は「上野公園」、第2話は「駒込にある吉祥寺」、第3話は「都内にある富士山」、それぞれの場所で起きた不思議な事件を、お散歩専門店とうきょう堂の人々が解き明かしていく物語です。
 ちなみに下の写真は第2話に登場する、重要な手掛かり……果たして、これは?

 2014-10-09 14.05.31.jpg

  そして、続いてもうひとつの新作のお知らせ。『東京怪異案内処』は4月15日の発売ですが、こちらは来月5月25日発売予定です。

 『エネミーズ/1996 1』
著者:和智正喜 / イラスト:緒方剛志/モンスターデザイン:安藤賢司
定価(本体1,200円+税)
発売日:2015年05月25日

狩るか狩られるか!? '96年の東京でモンスターバトル開始!
舞台は1996年、東京。ゲームメーカーに勤める主人公・三原一也は、半年前に失踪した同僚・月岡陶子の影を追い、六本木のビル内部に広がる地下神殿へと潜入した。そこで目の当たりにしたのは、神殿に集まった人々が次々と異形の怪物へと変身を遂げる驚愕の光景――。「これは……陶子が創っていたRPG『エネミーズ』の世界そのままじゃないか!?」そして一也自身にも不思議な力が及び、彼は最大最凶の敵(モンスター)、ドラゴンに変身した! 一也は――そして人類は、現実を浸食するこの恐怖とどう立ち向かっていくのか? 一話一見開きで物語が展開。カード感覚で展開する新感覚モンスターバトルノベルが誕生!!(※MFブックス公式サイトより)

 こちらは『東京怪異案内処』とはまた違った、アクション主体の作品です。詳しいことはまた近いうちに。今月中にもう少し詳しい情報を出せると思います。

 

 ※MFブックス特設ページ

 


東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

  • 作者: 和智 正喜
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房
  • 発売日: 2015/04/12
  • メディア: 文庫

 


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。