So-net無料ブログ作成
検索選択

「仮面ライダー1971-1973」web版まえがき その4 [仕事]

というわけで「その3」の続きです。

一昨年の十一月、Tさんに連れられ、エンターブレインさんを訪ねました。
その前の電話で「エンターブレインさんとしてはもう出版を決めた」というふうに聞いていたのですが……ほら、そこはね、奥さん。そんな話でぬか喜びしてみたら……ということは、これまでイヤってなるほどあったんで。
なので、正直、ほとんど期待せずというか、半分、Tさんの顔を立てなきゃくらいの気持ちで行って、担当部署であるホビー書籍部のK編集長にお会いしたわけです。
すると……あれ、れ?
なんか、ホントに出版前提で話が進んでるんですけど?
単純に嬉しいというより、「マタオレノコトヲダマソウトシテイルノデハ」てな気分で……。
とはいえ、話を聞いてみると、エンターブレインさんとしてはどうやら本気のよう。

そこで、内容の話になったわけです。
こちらはそれ以前から、ただ「小説、出させてくださ~い」じゃ始まらないので、続刊の内容に関する簡単なメモを作っていました。
その時点では細かな部分は決めてなかったのですが、「1973」から「1976」までの四作くらいはやりたい、と面の皮の厚い構想を抱いていました。そのメモは当然、エンターブレインさんにも渡っていて、あちらとしてもそれくらいの規模で行けるなら行きたい、と言っていただいたのですが……。

「ごめんなさい。やっぱり、『1973』までで終わりにしましょう」

と、ワタクシの方から申し出ました。

せっかくの機会だったんですが、そう言ったのにはふたつ、理由があって。
ひとつは、ここでどれだけ約束してもらっても、先のことはわからないわけです。またお話の途中で続刊中止、ということになったら、さすがに読者の皆さんに申し訳ない。
もうひとつは、自分の限界。
メモには景気よく「1976」までと書いたものの、「1971」も「1972」も、そして新たに書く「1973」も、結局は同じ話なんですね。全然違うストーリーじゃないか、という声もあるとは思うんですが、書きたいこと、その核の部分は変えようがなく、それは実際、しかたないことなんですが、まぁ三作目までは許されても、四作、五作はダメだろうな……と、そう冷静に判断したわけです。これについては今となっても……自分としては珍しく……正しい判断だったと信じています。

その話はエンターブレインさんにも納得していただいて、「1971」「1972」そして新作書き下ろしの「1973」との合本という形も、確か、その場で決まったように記憶しています。

その後の経緯としては、年末から年明け一月までかかってプロット作成。
春頃に「1971」「1972」の手直し。その後、初夏に第一稿脱稿というペースで進みました。

……と。「まえがき」、もう一回くらいネタがあるかと思ったんですが、今回で最後ですかね。発売日まであと一週間を切り、早く読んでいただきたいという気持ちと、楽しみにしてくれたいた方々を裏切ってしまわないかという恐れと、いろいろ複雑な気分ではあるのですが……なにはともあれ、ほっとしています。「1972」刊行以来、「続刊はどうなっていますか?」のお問い合わせをたびたび頂いて、心底、申し訳ない気持ちでいっぱいで……六年間背負っていた荷物をようやく下ろせたかな、と。今はただただそんな気分です。
 というわけで、新作小説「仮面ライダー1971-1973」、どうかよろしくお願いします。
コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

ジャック振動

はじめまして。
先生が昨年の2月に小説の書き出しを書いて「あぁ楽しい」と記してから、もしかしたら仮面ライダーの続編を書いておられるのかと思い、ちょくちょくブログを拝見しておりました。
発売が週明けに迫ってドキドキしております。リアルタイムで初代ライダーを体験していない僕にとって、仮面ライダー1号こと本郷猛は先生の描く小説が本物です。
長く続いて欲しい気持ちもありますが、個人的には3部作がシリーズものとしては最も美しいと思いますし、初代ライダーの放送期間が1971~1973年なので、ベストマッチだと思います。
「希望1972」は文句なしの大傑作でしたが、やはり序・破・急の破だったので、急の発表をずっと心待ちにしていたのです。
先週、誕生1971と希望1972を再読して流星1973に備えています。楽しみにしています!


by ジャック振動 (2009-02-14 00:40) 

wachim

ジャック振動様へ
こちらこそ、はじめまして。

>先生が昨年の2月に小説の書き出しを書いて「あぁ楽しい」と記してから、もしかしたら仮面ライダーの続編を書いておられるのかと思い、ちょくちょくブログを拝見しておりました。

タイミング的にはたぶん、そうだと思います。間、「エキデンガールズ」という作品の執筆と重なっていたので、正味の時間はもっと少ないのですが、初稿は二月から六月くらいまでかかってしまいましたから。
その頃から楽しみにしていただいて、ありがたいやらなにやら、です。気がつけば発売ももう明後日ですね。
もしも気に入っていただいたら、感想をお聞かせください。よろしくお願いします。
by wachim (2009-02-14 11:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。