So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

新作書き下ろし「神望町つくも神小学校 新米先生はじめました」間もなく発売です [仕事]

 つくも神小学校書影.jpg

……就職浪人を目前に震えていた向澤明音に、一通の採用通知が届く。差出は“神望町つくも神小学校”。そこは一人前のつくも神を目指すタマゴ達の学校だった! もう一つの神保町を舞台に、明音は生徒を卒業へ導いていく。

というわけで、新作小説のお知らせです。

富士見L文庫『神望町つくも神小学校 新米先生はじめました』
著:和智正喜
画:motai

発売日:2016年07月15日
電子書籍配信日:2016年07月15日
定価(税込): 691円
A6判
ISBN 978-4-04-070957-4-C0193
富士見書房

さてさて。
新作小説、いよいよ来週発売です。
公式では15日金曜日となっていますが、早いところでは13日くらいから店頭に並ぶところもあるようです。

内容の話を少し。タイトルの通り、小学校の新人先生が主人公のお話です。
ただ、彼女が務めることになった小学校は普通の小学校ではなくて、つくも神……になる前の、つくも神の子供たちが通う小学校だったのです……。
と、そんな次第で、富士見L文庫さんの二作目、「東京怪異案内処」に続く作品は、これまで僕の作品でありそうでなかった、ほのぼのしたファンタジー小説です。空回りしやすいけど、気持ちの優しいヒロインの明音、彼女が受け持つことになった、つくも神の子供たちのキャラクター……振り袖のつくも神、時計のつくも神、鞄のつくも神、等など……に注目してください。motaiさんによるカバーイラストも、内容によくマッチした、少し懐かしく、可愛らしい仕上がりになっています。

 


神望町つくも神小学校 新米先生はじめました (富士見L文庫)

神望町つくも神小学校 新米先生はじめました (富士見L文庫)


 


『牙狼 紅蓮ノ月』明日から放送開始です [仕事]

お仕事のお知らせです。

ツイッターなどでは以前から告知していましたが、10月9日今週金曜日深夜……ってもう明日ですが、 放送開始になります、テレビアニメ『牙狼 紅蓮ノ月』に脚本で参加しています。シリーズ構成の會川昇さんからのお誘いでした。
ご存知のように『牙狼』は実写特撮ヒーローとして誕生、今年10年を迎える長寿シリーズで、そのアニメ版が昨年秋、『牙狼 炎の刻印』として放送されました。
今回の『紅蓮ノ月』はその第二弾にあたりますが、中世ファンタジーだった前作とはがらっと趨きを変え、平安時代、平安京に巣くう闇と戦うシリーズになります。
正直、平安時代、平安京、と、自分の興味外のジャンルだったのですが、これをきっかけにいろいろ楽しく勉強させて頂きました。
何話目からの参加かはまだ言えないのですが、割合、早い時期の登板になります。お楽しみに。

詳しい情報は公式サイトでお願いします。


『エネミーズ/1996 1』本日発売です! [仕事]

20150525shoei.jpg

本日! 本日、『エネミーズ/1996 1』が正式に発売となりました。
(金曜日くらいから並んでいるお店も多かったようですが)

店舗特典としてアニメイト様・メロンブックス様では書き下ろしショートストーリーが掲載されたペーパー、リーフレットが、WonderGOO様ではポストカードの配布があります。

そして本日発売の「電撃ホビーマガジン7月号」でも、前号に引き続き、「エネミーズ/1996」の特集ページが!
今回は私、緒方剛志、安藤賢司さんの鼎談が収録されています。そしてなんと、安藤さんの手による立体物の写真も……? この続きは次号の電撃ホビーマガジンで……と言いたいところなのですが、なんと同誌は今号で休刊、今後は、電撃ホビーウェブで記事が続く予定です。その際はまたお知らせしますのでよろしくお願いします。


エネミーズ/1996 1 (MFブックス)

エネミーズ/1996 1 (MFブックス)


 

それから『エネミーズ/1996』発売とはいえ、まだまだ新作のこちらもよろしくお願いします。


東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

  • 作者: 和智 正喜
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/富士見書房
  • 発売日: 2015/04/12
  • メディア: 文庫


 


帰ってきた怪獣酒場、行ってきました! [雑記]

2015-05-24 19.20.54.jpg

じゃーん! というわけで、4月から再オープンした「怪獣酒場」あらため「帰ってきた怪獣酒場」、昨日の日曜日に行ってきした。
……土曜日だと思い込んでて、その前日も川崎まで行って引き返したという。
ちなみに同行は「大怪獣ラッシュ」でお世話になった皆さん、スタッフ、スーツアクター、声優の皆さん。怪獣や宇宙人のアクションをしたり声を吹き込んだ方々と怪獣酒場で席を囲むという、たいへん豪華な感じに。

2015-05-24 19.32.45.jpg 2015-05-24 19.32.57.jpg

悪くない人を見破るというジャミラの真実の口やピカピカ豪勢に光ってるキングジョーさんのお出迎えで中に入りますと……

2015-05-24 19.43.17.jpg2015-05-24 19.46.13.jpg

 目玉の怪獣料理も一部リニューアルされたそうで、ゴモラの尻尾の切断面(ローストビーフ)やカラータイマーのジャンバラヤ(この後あれこれ混ぜます)とか。

2015-05-24 19.50.52.jpg

ウルトラセブンの頭? これはなに……?

2015-05-24 19.51.07.jpg

ぎょっ! セブンの脳が! これはモツ煮込みでした。料理のお名前は「ウルトラセブンを解析せよ!」でした。前から人気だったツインテールのフライなんか(グドンのおススメ! ツインテールフライ)は健在でした。
ちなみにお土産の箸置き、前はウルトラマンの小さな立体物だったようですが、今はロゴマークの入った小さなお皿になってました。
では、隅にぼんやり浮かんでいたクール星人の写真でお別れです。

2015-05-24 20.45.10.jpg

 


『エネミーズ/1996』Amazonで予約始まりました! [仕事]

……と、これだけだとタイトルだけで終わってしまうのですが、その前にお知らせ。

5月9日付のアキバBlogさんで「【コラム】 5月25日発売、MFブックス「エネミーズ/1996」第1巻、その物語世界!」として、『エネミーズ/1996』についての記事が掲載されました。MFブックスの敏腕編集長のKさんによるまとめで、『エネミーズ/1996』が狙っているものがよくわかるのではないかと思います。是非ご一読を!

それからお蔭様で、Amazon他ネット書店で『エネミーズ/1996』の予約受付が始まりました。Amazonのページはこの記事いちばん下のリンクからどうぞ。

と、その前にひとつご注意を!
今回、コミック専門チェーンでお買い上げ頂くと、書き下ろしショートストーリー掲載の特典ペーパープレゼントという企画が進行中です。もしもそちらが気になるようでしたら、予約は少々お待ちください。それについての情報は発売が近づいてきたらまたお知らせします。


エネミーズ/1996 1 (MFブックス)

エネミーズ/1996 1 (MFブックス)


 


新作小説『エネミーズ/1996』シリーズのお知らせ [仕事]

enemies01_sakiyomi_hedder.jpg

先週発売されました『東京怪異案内処』 に続きまして、新作小説シリーズのご紹介です。

『エネミーズ/1996』(MFブックス)
著:和智正喜 イラスト:緒方剛志 モンスターデザイン:安藤賢司
5月25日 発売予定 定価:1200円+税

以下、公式サイトから紹介の引用です。

舞台は1996年、東京。ゲームメーカーに勤める主人公・三原一也は、半年前に失踪した同僚・月岡陶子の影を追い、六本木のビル内部に広がる地下神殿へと
潜入した。そこで目の当たりにしたのは、神殿に集まった人々が次々と異形の怪物へと変身を遂げる驚愕の光景――。「これは……陶子が創っていたRPG『エ
ネミーズ』の世界そのままじゃないか!?」そして一也自身にも不思議な力が及び、彼は最大最凶の敵(モンスター)、ドラゴンに変身した! 一也は――そし
て人類は、現実を浸食するこの恐怖とどう立ち向かっていくのか? 一話一見開きで物語が展開。カード感覚で展開する新感覚モンスターバトルノベルが誕
生!!

という、1996年のゲーム業界を舞台にした、アクション満載、モンスターバトルのストーリーです。『東京怪異案内処』とはある意味、真逆の線になるかと。

上のバナーにもありますが、発売に先駆けでWEB先行配信が始まります。
毎日一話ずつ更新、昨日、プロローグ2話分+3話分が公開され、本日続く第四話が公開。
上のバナーからどうぞ。

追加情報。
本日発売の電撃ホビーマガジン6月号で2Pの小特集記事が掲載されています。
まだ他のところでは公開されていない安藤さんのモンスターデザインの画稿が掲載されています。
是非、どうぞ。


ご報告『作家の本棚』 [仕事]

ちょっとお知らせです。

“本の帯をまとめるサイト”honobyさんの「作家の本棚」というページにとりあげて頂きました。
こちらで、“代表作”(はて、なんでしょう?)やお勧めの本について語らせて頂きました。どんな本を紹介するかは自由だったのですが、自分を育ててくれた本ということで、小学生から高校生の頃に好きだったものをまず中心にピックアップしました。よかったら読んでみてください。

それから!
すでに都市部ではとっくに入荷済み……らしいのですが。
東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。』(富士見L文庫)、いよいよ明日、発売です。
書籍だけでなく、Kindle版も同日に発売となりますのでよろしくお願いします。
こちらのブログへのコメント、ツイッターアカウントへのリプ、形はなんでも構いませんので、ご感想お聞かせ願えれば嬉しいです。


東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)



東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 富士見書房
  • 発売日: 2015/04/20
  • メディア: Kindle版


 


『東京怪異案内処』Kindle版発売のお知らせ [仕事]

4月15日発売予定の新作『東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。』ですが、同日、Kindle版の配信も同時にスタートします。

ご予約はこちらで。 定価600円で紙の本よりも48円ほどお安くなっております。

それから……。
秋葉原の書泉ブックタワーさんではもう入荷しているとの情報が。配送の関係で、正式な発売日の15日よりも前に店頭に並んでいる場合もありますので、書店に立ち寄られることがありましたら、ちょっとお探し頂ければ……と思います。

あと『東京怪異案内処』と関係ない……あれ? ちょっとあるかも。
東京の新しい怪異スポットということで、歌舞伎町新宿TOHOに出現したゴジラ。前も見たことあるのですが、昨日が正式なお披露目ということで、夜間の点灯に期待して行ったら……
2015-04-10 18.55.46.jpg

……あら、真っ暗。どうやら常時点灯しているわけではないようで。
ついでなので、おまけのおまけ。
新宿東口広場で展示が始まったゴジラの尻尾です。雨のせいか、あまり人も集まっておらず……
2015-04-10 18.51.24.jpg2015-04-10 18.51.44.jpg



 


『東京怪異案内処』試し読み始まりました。 [仕事]

直接見てはいないのですが、東京は雪が降ったとかで……。
寒がりなもので暖房全開でいる和智です。
さて……。 

4月15日発売予定の新作『東京怪異案内処 この街の憑り道お連れします。』、富士見L文庫さんのサイトで「試し読み」が始まりました。

『東京怪異案内処』のページ

富士見L文庫公式サイト

試し読みでは29ページまで、主人公(語り手)の喜多野花奈がお話の舞台となる“お散歩専門店”とうきょう堂を訪れ、もうひとりの主人公・春に出会い、彼女が関わることになった不思議な事件について語り始めるところまでを読むことができます。
試し読みで興味を持たれましたら、本編のほうも是非。
……っと、今、Amazonへのリンクを貼って気づいたのですが、こちらでも書影が出たようですね。
それから、Amazonだと発売日が4/12、富士見L文庫サイトだと4/15となっています。どちらも間違いということではなく、配本の都合上、だいたい、そのあたりとお考えください。すいません。


東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)


 


日常の記録/高田馬場の巨大クレーン [雑記]

今日は完全に日記的なそれです。
高田馬場に仕事場を構えてから20年くらい経ちます。
基本、まったく変わらない街なのですが……。

早稲田大学理工学部の近くに大型のタワーマンションの建設がありまして、去年の末くらいから建設も大詰め。ふと顔を上げると、四基の大型クレーンが魔王の如く屹立しています。
スマホのカメラだとその圧迫感がなかなか伝わらずもどかしいところですが。

2015-04-07 20.21.33.jpg

 

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)

東京怪異案内処 この街の憑り道、お連れします。 (富士見L文庫)



 


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。